婦人科専門医が教える更年期障害のセルフケア

横浜の病院で婦人科専門医をしています。このブログで、更年期の症状の解消法を紹介しています。ぜひ参考にしてくださ い。プレ更年期や更年期はだれにでもやってきますが、つらい更年期の症状にならないように予防することができます。

更年期にさし掛かる頃になると、女性ホルモンが減少傾向を辿ることになります。そしてこの変化が、女性において多岐にわたる休の変化をもたらすトリガーとなっている場合が少なくありません。

たとえば、身体では卵巣や子宮、膣などに萎縮が起こり始めます。卵巣では卵胞の数が徐?に減少し、月経周期が乱れ始めます。そしてやがて閉経を迎えることになるわけです。

また、女性ホルモンの分泌量の減少は、体内における代謝機能の低下や、骨などのカルシウムの代謝、脂賈代謝、さらには下垂体ホルモンの分泌凋整などにも大きな影響を及ぼすとされています。

よって、骨組しょう症や動脈硬化、肥満などのリスクが高まるなど、身体にさまざまな変凋を招くことになるわけです。

胸苦しくて、息が十分吸い込めない感じがする。胸に何かがのっかっている感じがする。首まで締めつけられている感じ。胸全体が重たい。胸がつっぱる、呼吸が苦しい・…などなど。
ひと口に息切れ、動悸といっても、訴える症状は千差万別です。「もしかしたら、ぜんそくそれとも、肺や心臓の病気?」と思ったりする人が多いのも道理です。なんとなく動悸がしたり、脈がとぶような感じがすると、「あれ? ドキド牛? 不整脈かしら?」と不安感が募ります。


更年期の自律神経系の乱れによって起こる

息苦しさや動悸があると、不安になり、不安感がさらに息苦しさや動悸を増長させることがよくあります。また、疲れたり、ストレスが多くなったりすると、息苦しさや動悸を感じることが多くなります。
これらは、まさにプレ更年期に多くなってくる症状といえます。
息苦しさや動悸の症状は、自律神経失調症の症状のひとつともいえます。自律神経が乱れると起こりやすいのです。自律神経が乱れるのは、脳内の視床下部、下垂体にある女性ホルモンの指令を出す箇所と、自律神経系の指令箇所が近いことで、影響を受けるからです。
ストレスかおるからと自覚している人もいよすが、ストレスがないと思っていても、症状が現れてくる人もいます。よくなったと思っていたら、忘れたころにまた症状が出てくる。疲れたり、無理したりすると起こることが多いかもしれません。

息苦しさや動悸の症状は、はっきりと現れる人よりも、なんとなく、ドキド牛するとか、胸苦しい、息苦しい、胸が締めつけられるなどと感じる人が多いようです。

長く続いているようだったら、不安でいるより、一度病院で検査を受けてみましよう。更年期になると、もっと不整脈が増える傾向にあります。心配な不整脈でないかとうかをチェックすることは、プレ更年期では大事です。


はっきりした強い症状ではなく、なんとなく感じる程度という人は、予防的な対策として、ストレス解消を心がけてリラックスし、楽しい時間を持つことが大事です。

また、運動を定期的にして、生活リズムを規則的にすることで、症状はかなり緩和できます。食事も大切。睡眠を十分とることで不調から復活することもできます。

プレ更年期は、もちろんまだ卵巣は働いていますが、徐々に働きが落ちていく時期。メンタル面、フィジカル面ともに日常的なちょっとした工夫で不調を復活することができます。

長期的にみれば、卵巣機能は下かっていきますが、上手に対処すれば、卵巣機能はまだまだ復活します。日常の工夫や努力は、決して無駄ではありません。

更年期障害になりやすいかどうかは、ホルモンの感受性にもよります。

妊娠中、つわりのある人とない人がいるのと同じ。

ホルモンの変動に敏感な人は、更年期障害を感じやすいといわれています。

更年期は女性ホルモンが変動するときで、卵巣機能が落ちていくのはだれもが同じ。早くに自分の体の変化に気づくことはいいことかもしれません。

早く察知できれば、早く対処できます。老化や病気の予防への対策が早めに立てられると思います。

現代は、知識のある人と、ない人では、健康や美容の技術にかなりの差が出ます。

知識は若さをつくります。かたくなになるほど、老化が早くやってきます。

好奇心を持って、更年期予防にチャレンジしてください。


↑このページのトップヘ