更年期障害のセルフケア

このブログで、更年期の症状の解消法を紹介しています。ぜひ参考にしてくださ い。プレ更年期や更年期はだれにでもやってきますが、つらい更年期の症状にならないように予防することができます。

骨粗鬆症の予防

osteoporosis-woman

骨がスカスカになってもろくなる

骨量が低下して、骨がもろく折れやすくなるのが骨粗鬆症です。女性ホルモンのエストロゲンには、骨の密度を
保つ働きがあるため、月経があるうちは骨量がある程度保たれていました。

しかしエストロゲンが減少すると、骨量はどんどん低下して骨がもろい状態になっていきます。また、骨折しやすくなります。

加齢とともにカルシウムの吸収力も落ちるので、これも骨粗鬆症が進む原因となります。

特に女性は骨が減りやすく、40歳を過ぎると年間3~4%もの骨が失われていきます。こうした骨の減少は10年以上続ぐため、油断していると大変なことになります。

骨がもろくなることで骨折しやすくなる

初期のうちはとくに自覚症状はありませんが、進んでいくと弱くなった背骨を筋肉が支えるため、背中から腰にかけて疲れやすく痛みがあらわれます。背中や腰が曲がり、身長がやや低くなります。

骨粗鬆症になると軽く尻もちをついたり、くしゃみをしただけで背骨を圧迫骨折したり、手をついただけで手首の骨折をするなど、軽い衝撃でも骨折しやすくなります。

骨粗鬆症の人は骨折の治りが悪く、股関節の大腿骨頸部骨折などが起きると、安静にしているうちにそのまま寝たきりになったり、老人性認知症などが進んでしまうなど、高齢期の生活の質の低下をまねくので注意が必要です。

食生活や運動で予防することが大切

骨粗鬆症は予防が何よりも大切です。食事によるカルシウムの摂取に加えて、筋肉を鍛える適度な運動、さらにカルシウムの吸収を助けるビタミンDを活性化する日光浴も有効です。

カルシウムの多いもの

牛乳、チーズ、もめん豆腐、煮干し、乾燥ひじき、小松菜厚揚げ、ヨーグルトなど

ビタミンDの多いもの

干ししいたけ、しらす干し、イワシ丸干しきくらげなど

カルシウムのサプリ タマコツBP

★カルシウム不足が気になる

★でも一日に牛乳3本等 食事で摂るには限界がある

★吸収率が低くて、たくさんカルシウムを摂るのは難しい


1つでも当てはまった方にはオススメです!

タマコツBP骨粗鬆症の予防の基礎、カルシウム、カルシウムをしっかり届けるビタミンD で働きを促すを配合しています。

「ボーンペップ」は卵の黄身のタンパク質から抽出に成功し特許も取得した㈱ファーマフーズの新成分。
そのパワーは基礎となるカルシウムと成長をサポートするボーンペップを一緒に摂ることでぐーんとサポート!

◇骨密度 ◇骨強度にも働きかけます!
 
タマコツBPについて詳しくはこちら


更年期の不定愁訴とは?

menopause4

女性が更年期に対して怖さを覚えてしまうことは、この時期に生じる更年期の症状が「不定愁訴」と呼ばれていることからも推しはかることができます。

更年期症状の典型的なもの(太りやすくなったり、冷えとのぼせというまったく逆の症状を同時に訴えたり、動悸や息切れ、めまい、イライラ、倦怠感、憂うつ、不眠など)」が日々変わる(不定)と訴え(愁訴)、また症状の種類も大によってさまざまなだめ、他人の例を見聞きしても、必ずしも自分にぴったりとあてはまるとは限らないことが多々あります。

その結果、200人の100例を知っても、まだ不安」になってしまいがちなのです。
 

更年期にいい漢方薬

natural

婦人科でもよく使われるようになっできた漢方薬。特に更年期の症状にはHRT(ホルモン補充療法)と並んで、治療の選択肢に挙がりまず。

昔から漢方薬は更年期に使われてきましたが、女性ホルモンが入っているわけではありません。

更年期に使われる漢方薬はさまざまですが有名な漢方薬を紹介します。

更年期にオススメな漢方薬

カロ味逍遥散
「気」と「血」が乱れている場合に処方されることが多く、イライラや抑うつ感、無気力といった精神症状が強い人、ホットフラッシュもあって、不眠や精神症状がある人におすすめ。

当帰芍薬散
特に「血」と「水」の異常をカバーする薬。脳にもよく、睡眠の質も上がるし、膠原病や関節リウマチのような自己免疫疾患の改善にも使われています。むくみや冷えがあったり、体が重い人にもお勧めです。

桂枝茯多丸
「血」の巡りを整える漢方薬で、ホットフラッシュやのぼせの症状に対して薬理効果が認められています。


漢方薬の飲み方

①空腹時に飲む
起床時や就寝前、おやつの時間など、空腹時に飲むのが鉄則。胃腸で食べ物と混ざらないことが大切です。

②常温の水かお湯で飲む
特にお湯に溶かしたりする必要はなく、常温の水かお湯で飲めばOK。お湯のほうが早<消化されて◎