更年期障害になりやすいかどうかは、ホルモンの感受性にもよります。

妊娠中、つわりのある人とない人がいるのと同じ。

ホルモンの変動に敏感な人は、更年期障害を感じやすいといわれています。

更年期は女性ホルモンが変動するときで、卵巣機能が落ちていくのはだれもが同じ。早くに自分の体の変化に気づくことはいいことかもしれません。

早く察知できれば、早く対処できます。老化や病気の予防への対策が早めに立てられると思います。

現代は、知識のある人と、ない人では、健康や美容の技術にかなりの差が出ます。

知識は若さをつくります。かたくなになるほど、老化が早くやってきます。

好奇心を持って、更年期予防にチャレンジしてください。